Top >  FXの基本的な用語について >  レバレッジの良い面、悪い面

レバレッジの良い面、悪い面

レバレッジのことを説明した時は、

レバレッジが、FXの人気の原動力であるということ、

そして、良い面しか説明しておりませんでした。


このレバレッジ、単純に悪い面も存在します。


低資金で大きなお金を動かせると言うことは、

裏を返せば、リスクが高いということなんですね。


例えば、レバレッジは10倍で、

元本10万円で1万通貨を運用したとしましょう。


そして、扱う通貨はドル円として、90円で買いをエントリー。

これで、91円に上がれば、1万円の+になりますね^^


しかし、逆に89円にドル円が下がれば、

1万円の損失が出てしまいます。


元本10万円に対して、

1万円というのはどうでしょうか?

大きいでしょうか?


僕としては、FXをするのにはこんなもんかな?

って思っているのですが・・・


考え方は人それぞれですので、

これが高いリスクと断定は出来ない部分があります。


ここで、一応レバレッジ10倍を例にして紹介しましたが、

僕が今まで見た中では、

レバレッジ500倍というのをみたことがあります。


さすがにレバレッジが100倍とかを超してきますと、

ハイリスクであり、少し無謀にすら見えてきます。


まぁ、低資金で大きな資金を掴むことが、

出来るという意味では夢は有るのでしょうけれど・・・


レバレッジをあまりにも高く設定しすぎると、

痛い目に遭いやすいと言うことは覚えておいてください。

         

FXの基本的な用語について

FXには専門的な用語が多いです。
ここでは、基本的な用語を解説しますね!!

このカテゴリ内の記事


円安、円高について
レバレッジとは?
レバレッジの良い面、悪い面
損切り、利食いについて
スプレッドとは?
順張り、逆張りについて
スワップとは?
ロスカットとは?
指値、逆指値とは?
IFDとは?
OCOとは?
IFDOとは?
ポジショントークとは?
レンジ相場、ボックス相場について
トレンドとは?
戻り売り、押し目買いについて
オージー、キウイについて
サポートライン、レジスタンスライン
難平とは?
両建てについて







Yahoo!ブックマークに登録