Top >  FXの基本的な用語について >  OCOとは?

OCOとは?

指値、逆指値、IFDは理解していただいたと思います。

ポジションを持った状態でするものです。


指値、逆指値はポジションを持っていなかったとき、

持っていたときに出来る指示で、

IFDはポジションを持っていないときにする指示でしたね。


今回紹介するOCOは、

ポジションを持っているときのみにする指示です。


これは、非常に便利で、

FXをする上で欠かせないものだと

僕は思っています。


OCOは「One Cancel the Other」の略です。


これは、片方が成立すればもう片方は取り消し

という意味です。


どういうものかと言いますと、

ドル円を90円で買っていて、

まだ保有していたとしましょう。


そのポジションに対して、

売りたい値段を指示することが出来、

その値段に達したら、自動的に売られることになります。


85円まで落ちたら、損切り、

95円まで上がったら、売りと

数値を入力します。


85円まで落ちたら、それ以上損をしないように損切り、

95円まで上がったら、利益確定ということになります。


どちらかの数値に達したら売りということです。


つまり、1どの注文で利益とリスクの両方

を管理できるということです。


損を出来るだけ拡大しないようにする。

これが、FXにおいては大事になってくることです。


OCOきちんと理解するようにしましょう。

         

FXの基本的な用語について

FXには専門的な用語が多いです。
ここでは、基本的な用語を解説しますね!!

このカテゴリ内の記事


円安、円高について
レバレッジとは?
レバレッジの良い面、悪い面
損切り、利食いについて
スプレッドとは?
順張り、逆張りについて
スワップとは?
ロスカットとは?
指値、逆指値とは?
IFDとは?
OCOとは?
IFDOとは?
ポジショントークとは?
レンジ相場、ボックス相場について
トレンドとは?
戻り売り、押し目買いについて
オージー、キウイについて
サポートライン、レジスタンスライン
難平とは?
両建てについて







Yahoo!ブックマークに登録