Top >  FXの基本的な用語について >  IFDOとは?

IFDOとは?

IFDOは見た感じで分かるかもしれませんね。

そうです。IFDとOCOを合わせたようなものです。


単純に言うと、IFDに逆指値、指値、

の両方が決済できるようになったのが、

IFDOと理解してもらった方が良いかと思います。


ここまでの指値、逆指値、

IFDをちゃんと理解してもらっていたら、

これで理解できるかと思います。


詳しく説明するのであれば、

ドル円が今現在90円と


89円まで下がってきたら、買いを入れようとするとき、

そのエントリーする数値と同時に、


もしその数値で買えたのであれば、

その後の決済をどうするか設定します。


その数値に達したのであれば、自動的に、

(今回で言えば買いでエントリーしているので)

売りが入るようになりますね。


IFDOのエントリーを89円で買えたとします。

そして、そのポジションが88円になれば、損きり、

91円になれば、利益確定とあらかじめ決める形になります。


88円が、逆指値、91円が指値となるわけです。


もちろん、ポジションが存在するのであれば、

後で、88円、91円の数値は

修正できるようになっています。


パソコンの前にずっといられる状態でしたら、

このようなIFDOなどは使う必要は無いかもしれません。


しかし、そんなにFXの取引をする時間が無いのであれば、

利用しても良いかもしれません。

         

FXの基本的な用語について

FXには専門的な用語が多いです。
ここでは、基本的な用語を解説しますね!!

このカテゴリ内の記事


円安、円高について
レバレッジとは?
レバレッジの良い面、悪い面
損切り、利食いについて
スプレッドとは?
順張り、逆張りについて
スワップとは?
ロスカットとは?
指値、逆指値とは?
IFDとは?
OCOとは?
IFDOとは?
ポジショントークとは?
レンジ相場、ボックス相場について
トレンドとは?
戻り売り、押し目買いについて
オージー、キウイについて
サポートライン、レジスタンスライン
難平とは?
両建てについて





管理人お気に入りサイト


Yahoo!ブックマークに登録