Top >  FXの基本的な用語について >  IFDとは?

IFDとは?

IFDは先ほど紹介した、指値、逆指値に、

+αをしたようなものと覚えてもらえれば良いと思います。


エントリーの時に使う指値、逆指値は、

買ったら、あるいは売ったらそのままの状態なんですね。


つまり、買った後、あるいは売った後に、

これくらいの値段になったら売り買いするという、

命令はできません。


ですが、今回説明するIFDは、

もし、値がこれくらいになったら、

エントリーすると言うだけでなくて、


その後の、どれくらいに値がいったら、

決済するという命令が出来ます。


例で書きますと、今現在ドル円90円で、

エントリーは指値の89円で買い。


つまりは、89円まで落ちてきたら、

自動的にエントリーされると言うことですね。


ここまでは、指値、逆指値で書いたとおりです。


次に変わってくるのが、


もう一回指値、逆指値を入れるところです。


注文通り値が落ちてきて、89円で買えたとします。


89円50銭で決済したいのであれば、

指値で、89円50銭と入力。


88円まで落ちてしまうのであれば、

ストップさせたいと考えるのであれば、

逆指値として88円と入力。


どちらも、エントリーが指値の89円というのを入力して、

同じタイミングで入力するようになっています。


このエントリーの仕方は、

僕自身はあまり使いません;;


というか、FX初心者にもしこれくらいまで落ちてきたら、

とか、もしこれくらい上がったら・・・という

エントリーは向かないかと思います。


僕としては、あまりおすすめしないエントリー方法ですが、

覚えておくのも良いかと思います。

         

FXの基本的な用語について

FXには専門的な用語が多いです。
ここでは、基本的な用語を解説しますね!!

このカテゴリ内の記事


円安、円高について
レバレッジとは?
レバレッジの良い面、悪い面
損切り、利食いについて
スプレッドとは?
順張り、逆張りについて
スワップとは?
ロスカットとは?
指値、逆指値とは?
IFDとは?
OCOとは?
IFDOとは?
ポジショントークとは?
レンジ相場、ボックス相場について
トレンドとは?
戻り売り、押し目買いについて
オージー、キウイについて
サポートライン、レジスタンスライン
難平とは?
両建てについて







Yahoo!ブックマークに登録